検索
  • 広報担当 Kou

コア会議!〈会議形態の概要〉

最終更新: 2019年6月5日

先日はコア会議がありました。

今回は新入生のことやスピーカーのことを中心に悩んだ会議でした。

さてこの場では、私たちTEDxShimaneUの会議の体系についてつづってみることにしましょう。


TEDxShimaneUは、オーガナイザーチーム・パートナーチーム・スピーカーチーム・コンテンツデザインチーム・広報チーム・英語翻訳チームという、いくつかのチームに分かれて活動しています。会社の部署みたいなものです。

そして、それぞれのチームが今どんなことをしているか・できているかを共有し合うことを目的の一つに、月に数回「コア会議」を行っています。要するに、チームリーダーが集まってする会議です。

その中で、今取り組んでいることを誰かに言葉で伝え自己整理を図ったり、アドバイスをもらったりして、よりよいものとなるように、毎回何かしら頭を抱えています。


他にも、「チーム会議」というそのチームごとの会議もありますし、「全体会議」というメンバー全員が集まってする会議もあります。数人でするコア会議だとオフィスが広く感じますが、全体会議で多くのメンバーが集まると、オフィスがどうも手狭に感じてしまいます。そう、嬉しい悩みに直面しているわけです!


長くなりましたが、このような3種類の会議を通して、当日に向けて準備をしています。

前回のコア会議は第25回目でした。始動してから早数か月、もうこんなにもコア会議を開いたんだなと感慨深いです。

以下のものは一か月前に発足した「みんなのノート」と呼ばれる、好きなことを好きなようにつづっていく、落書き帳のようなものです。まだ10頁と埋まっていないですが、これからどんどんと量が増えていきます。



このノートがどんどん埋まっていくのと同じように、これからこの会議の回数がどんどん増えていきますし、全体会議もチーム会議もどんどん増えていきます。何回も何回も会議を行い実現するだろうTEDxShimaneU2019。

いい本番を迎えられるのではないでしょうか。

それでは、興味をもっていただけたら幸いです。

18回の閲覧

© 2019 TEDxShimaneU