検索
  • 広報担当 Kou

パートナーチームのおしごと

今日もパートナーチーム、交渉に行ってきました!

今月に入ってから新入生も少しずつ交渉についていくようになり、新体制ができつつあるなあと感じています。

また、直接的な交渉以外にも、メールの作成や毎週のパートナーチーム会議など、チームとしての活動が活発になってきており、いよいよ本格的にチームが始動したんだなと、他チームながら気が引き締まる思いです。


さて今回は「パートナーチームが一体どのような活動をしているのか」、お話したいと思います。

「この学生らはこんなことをやっているんだなあ」と知ってもらえたら幸いです。また他のTEDxの方々が運営する上で、何か参考になればと思います。


簡潔に説明すると、パートナーチームは1万ドルの協賛金を集めるというお仕事をしています。非営利団体ですが、無一文では運営できません。イベントを開催するために必要な費用は、企業さんからの協賛金を主なものでして、その企業さんを探し交渉するのが、主な役割です。


そのためにはいろいろなスキルが要求されます。

社会人としてのコミュニケーションスキル、名刺交換、敬語の使い方、スーツの着こなし方、電話の受け答えスキル、パワーポイントの使い方、メモの取り方など…。

しかし、上のことは直接企業の方と関わる時に要求されることです。

メールの作り方、メールの送り方、アポイントメントの取り方、企画書の作成スキル、バスの乗り方、領収書の使い方、名刺の管理など、準備段階でも必要とされることはたくさんあります。

また、組織の魅力や協賛するメリットを伝えるために、まず自分たちが組織の魅力を余すことなく言葉で伝えられるよう把握しておかなければなりません。何か質問されたときに適切な対応をとれるように、隅々まで理解しておかねばなりません。


このように、「企業の方と交渉することが役割だ」と言葉で言うには簡単ですが、求められることの多いチームです。その分やりがいを感じられますし、現パートナーチームのリーダーは「交渉先の大人の方とお話しするのが本当に楽しくてしかたがない!」と語っています。


いかがでしょうか。どのような活動を行っているのかについて、少しでも広報できたのなら幸いです。

もし興味を持ったり、詳しく聞いてみたいなどということがありましたら、下の連絡先までメールをお願いします。

tedxshimaneu@gmail.com




21回の閲覧

© 2019 TEDxShimaneU